夏季オリンピック開催に伴う休業(7/22〜25)のお知らせ 詳しくはこちら
トップページ > 家づくりの提案 > 木造ドミノ住宅

家づくりの提案

木造ドミノ住宅

「木造ドミノ住宅」は、価格を抑えながら、高性能で永く住み続けられる住まいの作り方。最大の特徴は、「外側」と「内側」を分けていること。外側は、単純な構造で高性能な「箱」をプロ(=工務店)がつくり、内側は住まい手が中心になって計画するという考え方です。名前の由来は、「ドム=家」と「イノ=新しい、革新的な」を組み合わせた、巨匠ル・コルビュジエの言葉から。柴木材店もこの革新的な家づくりに取り組んでいます。

「箱の家」は、変化が可能。

一般に、間仕切り壁には構造上必要な柱が入っており、壁の撤去は難しいことがほとんどです。しかし木造ドミノ住宅は、外周壁と床面の強度を上げた「強い箱」としてつくるため、構造上必要な柱は大黒柱1・2本のみ。室内は広々としたワンルーム空間となります。将来的には、子供が成長したら部屋をつくり、家を離れたら広々とした空間に戻すなど、自分たちに合わせて家を変化させていくことが可能です。 また、住宅では構造躯体よりも電気や給排水の設備のほうが早く劣化します。木造ドミノ住宅では、床下空間もがらんどうになっており、設備の点検・更新がしやすくなっています。電気配線も部屋外周の長押に収めてあり、スイッチやコンセントの追加も比較的容易に行うことができます。

快適さと環境への配慮を両立。

木造ドミノ住宅は、外壁で高い断熱性能を確保し、パッシブソーラーシステム(または太陽光発電等の自然エネルギー活用システム)が標準搭載されています。省エネルギー性能の高い住まいは、エアコンなどに頼りきらず過ごすことが可能で、健康的でお財布にも優しく、かつ環境に負荷を掛けない暮らしを実現することができます。また、柱や梁は地場産の無垢材を使用する、建築廃材を1/3にするなど、個の住宅にとどまらない循環型社会を目指す家づくりでもあります。

自分流の、家づくり。

予算の少ない若い家族であれば、まずがらんどうな「箱」をつくっておいてインフィルは後から、とすることも可能です。室内は家具や布で間仕切るなど、セルフビルドでつくる事ができます。価格を抑えながら、永く快適に住み続けられる住まいを手に入れる。DIYを楽しみながら、住むほどに愛着が増していく。この革新的な考え方によって、「木造ドミノ住宅」は、グッドデザイン賞受賞・エコビルド大賞受賞も受賞しています。


参考プラン
間取り図
規 模
敷地面積231.67㎡(約70坪)
1階床面積50.51㎡(15.27坪)
2階床面積52.99㎡(16.02坪)
延床面積103.50㎡(31.29坪)
仕 様
屋根断熱フェノールフォームt = 80mm
壁断熱高性能グラスウール20K t = 105mm
床断熱高性能グラスウール24K t = 80mm
屋根ガルバリウム鋼板
外壁ガルバリウム鋼板、ジョリパッド
内装床松材(浮造り仕上げ)
内装壁クレイペイント
性 能
耐震等級3  断熱性能等級4  長期優良住宅取得