夏季オリンピック開催に伴う休業(7/22〜25)のお知らせ 詳しくはこちら
トップページ > 安心・安全・性能 > 性能について

安心・安全・性能

性能について

長期優良住宅の基準を超える建物性能

大きな地震に耐えうる強固な構造や、快適な温熱環境などの性能も、快適な住まいの重要な要素です。柴木材店では、長期優良住宅の基準を超える建物性能を満たした、確かなの住まいを提供しています。

確かな耐震性能 ~耐震3(最高等級)が標準仕様~

地震から住まいと命を守る耐震性能。柴木材店では、建築基準法の1.5倍の性能である耐震等級3を標準仕様としています。等級3の住まいは、一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ、大きな余震にもより安全と言えます。2016年の熊本地震において、等級3の住まいは2度の震度7に耐えていたことが、専門家の調査によって明らかになっています。地震保険の割引も受けられる、ひとクラス上の安全性を形にしています。

耐震性能は、地盤の状態により大きく左右されるため、弊社では、SDS試験という地盤調査方法により、地盤の状態を把握し、体力壁の配置計画、接合部の強度や水平構面の強度の確保など、耐震にかかわる項目を一つ一つしっかりとチェックしていくことで、耐震等級3を実現しています。

大地震にも強く耐える、特殊なスリット形状を持つ木造筋交い用接合金物「ブレスターZ」を全棟標準採用しています。 木造住宅では、複数回の大地震によって、建物を支える筋かいが損傷したり、留め付ける筋交い金物が外れてしまったりすることがあります。筋かいが損傷したり外れてしまうと、建物の耐震性能は急激に低下し、倒壊する恐れがあります。ブレスターZは、特殊なスリット形状をもつ筋かい金物で、筋かいの損傷や筋かい金物の外れを抑制し、地震に対して建物を粘り強くします。

国交省が定める「長期優良住宅」基準を超える断熱性能

冬の室内でのヒートショックで亡くなる人は年間一万人以上。寒い住まいの健康負荷が近年広く知られるようになりました。健康面やエネルギー消費などの観点から、断熱性能にも十分な配慮が必要です。断熱の基準は地域ごとに違い、計画地が8つの地域のどこかによって、求められる断熱性能が異なります。柴木材店は、長期優良住宅の標準である断熱等級4を上回り、ZEH、G1、G2またはそれを超える高いレベルでの施工にも対応し、高い断熱性能の住まいづくりをしています。

写真の里山モデルハウスはHEAT20のG2レベル(地域区分5地域・UA値0.34をクリア)の高断熱性能を実現しています。

住宅用の断熱材は多岐にわたるため、品質・施工方法・コストなどを考慮したうえで選択しています。こちらは、里山モデルハウス、i-worksモデルハウスで使用した断熱材「セルロースファイバー」です。

里山モデルハウス、i-worksモデルハウスの2棟では、東京大学の前真之研究室・伊礼智設計室・柴木材店の三者が協働し、継続的に温熱環境測定を行ってきました。建築前に温熱環境をシミュレーションし、建築後に実測検証を行います。測定結果を活かし建物性能を高めることで、OMX等のシステムはより効率的に機能し、消費エネルギーを減らすことができます。省エネルギーで快適に暮らせるエコハウスを、私たち柴木材店は提案しています。