つくば・守谷・下妻でOMソーラー、
木の家・自然素材の家を建てるなら株式会社柴木材店。

住まいの性能と技術

「長期優良住宅」の性能。

子や孫の代まで住み続けられるような質の高い住宅をつくり、それをできるだけ長く使うという観点から定められた「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年)。その基準によって認定された住宅が「長期優良住宅」です。長く住み継ぐために必要とされる、耐震性・省エネルギー性・維持管理性・劣化対策等の、厳しい基準があります。柴木材店の標準仕様は、この「長期優良住宅」の基準を十分に満たした建物になっています。認定を取った長期優良住宅の場合には、税制上においての優遇措置が設けられています。


「CASBEE」で見る柴木材の家。

CASBEEとは、建築環境の性能を総合的に評価するためのツールです。省エネや省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価します。このCASBEEの項目で柴木材店の家づくりを見てみると図のようになります。


熱環境調査への取り組み。

柴木材店では、健康・快適に過ごせる住まいが広がることを願って、住まいの熱環境調査・研究にも積極的に取り組んでいます。 i-works モデルハウスにおいては、東京大学の前真之研究室と協力し、室内の温熱環境測定を行っています。このモデルハウスは、次世代省エネ基準をクリアした高い省エネ基準による設計で、熱損失係数(Q値):1.7との結果が出ています。その高い性能における温熱環境の調査が続けられています。
また、慶應義塾大学伊香賀研究室、オムロン( 株)、OMソーラー(株)による共同研究において、柴木材店も健康調査・データ測定に協力しています。断熱性能や木質内装といった住まいの要素と、血圧や睡眠などの身体の要素の関係をみる、興味深い調査です。
感覚的に語られがちな住まいの快適さを目に見える形にすることで、省エネルギー住宅への取り組みも広がっていくと考えています。


適切なシロアリ対策。

シロアリは住宅の木部など食害し、その範囲によっては耐震性の低下などを引き起こす恐れもあります。次の3つのステップを総合的に考えていくことが、適切なシロアリ対策となります。

1)被害に至らせない予防

シロアリの被害は、住宅の木部(「土台」「束」「大引き」など)にシロアリが到達したときに始まります。シロアリを到達させなければ、被害は発生しません。そのために「物理的にバリアをつくる(ベタ基礎にする等)」、「土壌に薬剤処理を行う」などの方法があります。

2)被害を最小限に抑える工夫

予防だけでは完璧でないため、被害を最小限に抑える工夫をします。具体的には、「シロアリに強い樹種を使う」、「木材に薬剤処理を行う」ことです。被害を早期発見できるよう、「定期的な点検を行う」、「床下が目視できるようにしておく」ことも重要です。早期発見ができれば対策が容易になり、駆除等の金額も抑えられます。

3)被害に遭ったときの措置

被害が確認されたときには、「駆除」や「部材交換」が必要になります。とくに構造材が被害に遭ったときは、確実な措置が必要です。駆除には薬剤を使わざるを得ませんが、大量使用は避け、シロアリの生態を利用した方法を取ります。このことによって、安全性と確実な駆除の両立を図ることができます。

このような基本的な考え方のもと、柴木材では以下のシロアリ対策を採用しています。建物の構造や立地、お客様のご希望にあわせて選択します。

ボロンdeガード

人体に害を与えないホウ酸系の防腐防蟻材です。天然鉱物であるホウ酸は哺乳類には安全で、それ以外には厳しく作用します。揮発しないので室内の空気を汚さず、リフォームやOMソーラーなどの空気循環型工法にも安心して利用できます。ゴキブリやアリにも効果があるのも特徴です。水分から保護されていれば効果が低下せず、業界初の15年保障が付いています。

詳しくはこちら

セントリコン

シロアリの習性を利用し、薬をまかずに巣ごと退治するシステムです。薬剤を特殊な容器に納めて地面に埋め込むので、人やペットが薬剤に触れる可能性はほぼありません。薬剤の使用量も、1つのコロニ-を駆除するのに数グラム(従来比1/10~1/300以下)とごく微量です。使用済みの薬剤は、厳密な管理のもとに回収されます。

詳しくはこちら

ヘルスコキュア

常温硬化型・低臭・水性の忌避剤を、微粉末木炭と配合した防蟻防腐剤です。従来のような化学物質を使用せず、人体に影響がないことが試験により確認されています。写真のように、基礎全体と土台の材木にまで塗りますので、床下を空気層として使用するOMソーラー等にも適しています。

詳しくはこちら