つくば・守谷・下妻でOMソーラー、
木の家・自然素材の家を建てるなら株式会社柴木材店。

OMソーラー

ほどほどの暖かさと涼しさを得て、健康的に気持ちよく、かつ地球への負荷も抑えて暮らしたい―。その考え方に共感し、柴木材店は全国でもいち早く「OMソーラー」の家づくりに取り組んできました。 OMソーラーは、太陽エネルギーを利用する「パッシブ・ソーラーシステム」。冬には、屋根で集めた太陽熱を床下のコンクリートに蓄え、家全体を暖めます。春から秋の間はお湯をとることもできますし、夏には排熱も可能。新鮮な外気を取り入れるので、室内や床下の換気効果もあります。太陽光発電を兼ねたモデルも登場し、OMソーラーは一年中活躍する「多機能ソーラーシステム」として進化を続けています。


冬のOMソーラー

冬は、まず屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温めます。暖まった空気は、屋根裏からダクトを通して床下に送られ、基礎コンクリートに熱として蓄えられます。蓄えられた熱はゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。また、OMソーラーシステムは、常に外気を暖めながら家の中に取込むので、暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。


夏のOMソーラー

春から秋にかけては、太陽の熱を利用してお湯採りができます。地域差がありますが、30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です。また、夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。この放射冷却を利用して、少し温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」は、「冷房」とまではいきませんが、自然を活かした快適な暮らしの工夫です。

太陽光発電一体型「クワトロソーラー」

2012年1月より、従来のOMソーラーに太陽電池を組み合わせたハイブリッドソーラーシステム「OMクワトロソーラー」が登場しました。数字の4を意味する「クワトロ」の名の通り、OMクワトロソーラーでは太陽熱+太陽光により暖房・発電・給湯・換気の4つの機能を果たします。

OMソーラーの詳細はOMソーラ協会のサイトでご確認ください。


柴木材店で建てるOMソーラーの家

厳しい冷え込みがある一方で、冬期の日照に恵まれた茨城県南部は、太陽熱を活かすOMソーラーには最適の地域です。わたしたち柴木材店は、これまで150棟以上のOMソーラーの家を手掛け、冬でも暖かく快適な暮らしを実現しています。


→施工例はこちらから