つくば・守谷・下妻でOMソーラー、
木の家・自然素材の家を建てるなら株式会社柴木材店。

i-works project

誰もが心地よいと思える家を、手が届く価格で。i-works projectは、建築家伊礼智氏が考える新しい家づくりの形です。柴木材店は、全国初となるモデルハウスをつくば市に完成させたことを皮切りに、施工面での担い手として、このプロジェクトに参加しています。


目指したのは、プレタポルテな家づくり。

アパレルの「プレタポルテ」は「質の高い既成服」の意味。フルオーダーの「オートクチュール」の品質を、ある程度規格化することにより手が届く価格で提供します。住まいづくりにおいてこの「プレタポルテ」を目指したのがi-works projectです。建築家に依頼しなければ実現しなかったようなクオリティの住まいを、「標準化」によって、少しがんばれば手に入れることのできる価格で提供したい。それがi-worksの狙いです。


「標準化」は、手段にすぎない。

例えば開口部の収まりなどは、住まいの心地よさ・美しさに直結する部分です。しかし、毎回設計変更していては、設計側も施工側もそこに掛かる労力が大きくなってしまいます。そのような部位を標準化し、無駄な部分をそぎ落とすことを目指しました。また間取りも、建築家伊礼智氏の長年の経験による無駄のないプランニングで、数字では分からない広がりのある空間となっています。こうして、各部位を「標準化」しながら、同時に住まいの品質を高めているのです。


小さくてもゆたかな住まい。

i-works projectは、誰かのための特殊解ではなく、誰もが心地よく住まうことのできる家を目指しています。バランスのとれた美しいデザインであることはもちろん、建築家伊礼智氏の心地よさの法則が具現化された、小さくてもゆたかな住まいです。性能面においても、高い省エネルギー性能とOMクワトロソーラーにより、ゼロエネルギー住宅を実現しています。ゆたかな住まいは、永く愛着を持って住んでいただける家でもあるのです。


2013年度グッドデザイン賞。

当社社長 柴修一郎と、開発者の伊礼智氏(表彰会場にて)

i-works projectは、2013年度にグッドデザイン賞を受賞しました。「建築を標準化する一方で施工は地域工務店を活用し、工業化と手づくりの感のバランスをとる仕組みを実現している」と、新しいかたちの住宅システムが実現されている点が高く評価されました。柴木材店は、これからもi-works projectに取り組み、価格以上に価値のある住まいを、より多くの方に体感していただきたいと考えています。