つくば・守谷・下妻でOMソーラー、
自然素材の家を建てるなら株式会社柴木材店。

柴木材の思い

木材店から家づくりへ。

柴木材店は、その名の通り、材木屋からスタートした工務店です。主な業務が建築業に移行した今でも、昔のままの社名を名乗っています。それは、木の家づくりに誇りを持ち続けていたいと願うから。魚河岸のお寿司屋のネタが新鮮なように、わたしたちの木材倉庫には、地元八溝はもちろん、全国の林産地から良質な木がたくさん集まってきます。これらの木々の持ち味を活かした木の家づくりに、柴木材店は真摯に取り組んでいます。


確かな木の家をつくる。

木の家の心地よさは、一度体感していただくと分かります。木は伐採後も呼吸を続け、吸湿・放湿することで、快適さを保ってくれるのです。また、地震に耐えうる構造や断熱性能なども、長く住み継ぐことができる家の大切なポイントです。柴木材店は、言葉では表せない心地よさも、安全や健康を守る性能も、どちらも大切にした「確かな木の家」を造り続けています。加えて、「5つの保証」を標準採用することで、お客様に安心して住まいづくりに向き合っていただきたいと考えています。


住まいを守り、つないでいく。

家は建てて終わりではありません。小さな変化を早めに発見し、大きな不具合になる前に対処することで、長く快適に住み続けることができます。柴木材店では、完成後1か月・1年・5年・10年目に無料定期点検を実施しています。地域に根差した工務店だからこそ、住まいに関することにワンストップで対応ができるのです。家づくりを長いお付き合いのスタートとして、その後もいつでも住まいに関する相談ができる関係でありたいと願っています。
家づくりを通して地域のみなさんとつながり、その家が地域の美しい風景となっていく―。柴木材店は、地域とともに歩む工務店として、長く住み継がれる家づくりに真摯に取り組み、その住まいを守り続ける役割を担っていきます。